シロジャムの使い方を紹介

シロジャム関連情報

シロジャムは「若々しい手肌目指せる美容液」と話題のハンドケアアイテムです。

見た目年齢は顔の肌が全てと思っていませんか?

実は手を見ればその人の年齢がわかるという意見も多いんです。顔のお肌は若見えしていても手で老けてみられることも。

今回はハンドケアをしてくれるシロジャムの使い方について紹介していきます。

化粧品やコスメは使い方によって効果が全然違うという事もあります。きれいな手肌になるためにシロジャムを有効活用する方法を考えていきましょう。

基本的な使い方は、寝る前に1回塗るだけなのでとっても簡単

ハンドクリームを使う場合は何度も小まめに塗らないといけないですよね。

使うタイミングも「寝る前に1回」塗るだけなので、手間もかからず簡単に手肌のデイリーケアをできます。

シロジャムは寝る前に塗るだけで「保水」「保湿」をしっかりと行うことができます・

具体的な手順や方法を紹介

  1. シロジャムをさくらんぼ大(約20㎜)手のひらに出し、人肌で温めます。
  2. 人肌に温まったら、手の甲、指の間、手のひらになじませていきます。
  3. 優しく包むように浸透させます。

関節の所や爪の付け根など乾燥しやすい部分は重ね付けをするなど丁寧に塗布していきましょう。

また最後に両手で覆ってハンドプレスをするのもオススメです。

ハンドマッサージでさらに血行促進

シロジャムを塗る際にハンドマッサージをすることで保湿成分が浸透しやすくなり、手や爪を美しく保つことができます。

また、血行促進につながるため、肌の色もよくなります。

他にもマッサージは

  • 冷え性の改善
  • 新陳代謝の活性化
  • むくみの解消
  • 脳の活性化
  • 疲労回復

などに効果があるとされています。

ナイトグローブを使う

クリームを塗って寝ると布団が汚れてしまったり、ほこりが手につきやすいなど気になる方もいるはずです。

そんなときはナイトグローブ(就寝用の手袋)がおすすめです。

また、寝具が汚れないだけではなく、保湿効果もあるので徹底的に保湿ケアすることができます。

ハンドトリートメントで使うナイトグローブはなんでも良いというワケではなく、素材は吸湿性、保湿性、放湿性に優れたシルクや綿(コットン)が適しています。

また、すでに素材に美容成分が配合されている物やスカイ捨てタイプなども発売されています。

摩擦はNG!くすみやシミなど肌トラブルの原因

シロジャムの使い方で、手肌にしっかりと浸透させることはとっても大切です。しかし、一番やってはいけないのが強く擦ることです。

強くこすることで摩擦が起きます。

摩擦により肌は炎症を起こし、肌への刺激になります。

刺激を与えてしまうとメラニンが作られるため、シミの原因やくすみにつながるのです。

透明感のある美しい手を目指すためにも「優しく包みこむように」浸透させましょう。

手肌の大敵は『乾燥』

あなたはこんなお悩みありませんか?

  • 手の血管が浮き出ている
  • 手にふっくら感がない
  • 手にシミがでてきている
  • 爪がわれやすくなった

これらは老けた手に見える特徴といえます。

その原因の多くが皮膚内の水分不足です。

手肌の大敵は『乾燥』です。老い手にならないためにも日頃からしっかり保湿ケアを行うことが重要です。

管理人が実際に使った体験談

私(管理人)もシロジャムの愛用者です。

シロジャムは手肌に必要な美容成分が贅沢に配合されているので、5分ほどの簡単ケアでしっかり保湿ケアが出来ちゃいます。

私がシロジャムを実際に使って感じた効果やリアルな口コミはこちらで紹介しています。

シロジャムを実際に使って感じた効果・口コミ

タイトルとURLをコピーしました